連鎖がまたおきました。

チーズの宮嶋さんを通じて、是非ともお逢いしたいと、大阪から車を飛ばして名古屋に来られた御夫婦は、ダーチャという誰もが里山に家持てる(ロシアやヨーロッパでは家族で手作りのお洒落で安価な別荘を持ち、そこで農業したりと都市部では出来ない重要な体験の場に仕上げています。ヨーロッパはこのダーチャでの市民農園の産品をクラブハウスで一括で扱い、マネー市場とは別の響命市場を実現させて、見事に自給率をあげました)活動を今始めようとされている旦那さんで、本職はテニスのコーチ。一方奥さんは自然食のレストランと、自然食の加工品の商品開発そして元々は絵本作家さんでした。

僕のイノベーション活動の全体ビジョンに感動されて、スッカリ意気投合しました。

お店におかれるお水も探していたらしく、ベストなタイミングでした。

そして売らない水から創る、売らない響命市場プランにそれがここまで来たことに、とっても刺激を受けられ、日本式ダーチャとして僕のイノベーションの一つ、日本式お洒落な縦穴式ダーチャから始まる、連鎖で創る無料の養老院と併設オルタナテイブな学校プランに、スッカリ引き付けられたようでした。

お互いの目指している《場》は見事に繋がっていました。

早急に関西のイノベーション基地として、共に響命して行きたいと思っております。

ここでのお話会試飲会も、二月の後半には実現したいと思います。


そして、お昼のワーク中に、東京のボンドガール相馬さんから、東京での《響命市場創出に繋がる、お話会試飲会イノベーション説明会+オマケ身体ワーク》開催プランが打診されてきました。

響命してます。

一月の後半新潟十日町がスタートでのこのイノベーションの会が、東京で大阪でと確実に道が出来はじめて来ました。

と同時に、他のお集まりの会でも、このイノベーション広げるために、呼んで下さる機会も多くなって参りました。

やはり、草の根での広がりは、本当にワクワクします。

昨日お逢いした高草夫妻とも、お互いの草の根を更に絡ませながら、強固でありながらも、優しく柔軟な響命タッグが実現していきそうです。

もう時間がない、昨今の状況ですから、二月の後半か三月には大阪での会を、何としても実現したいと思っています。


そして明日のblogでは、今このblogをご覧の一日平均950名の方に向けて、きっと今の400名のサポーターさんの大半が読んでくださっているでしょうから、現サポーター会員様とblogを読んでくださってはいるがサポーターになられていない現サポーター予備軍様に向けて、緊急のご協力を仰ぐ内容を載せます。

これもフット今朝の丑三つ時に、この活動ならその方法がピッタリだろうとの直感から、生まれたここを乗り切るためのプランです。

是非とも、僕の心意気を、明日は受け止めてくださいませ。





Android携帯からの投稿